雨漏り修理では防水工事も行なうと効果倍増

木造住宅の雨漏り修理は早急に行なう

雨漏りが発生した住宅では、被害が拡大する前に早急に対処しないといけません。木造住宅は放置すると深刻なダメージを受けて倒壊する危険性もありますし、二次被害が発生する可能性があるので、雨漏り修理が重要です。

カビ・シミの発生
雨漏りが発生することで、シミとカビが発生します。天井や壁をクロス張りにしている住宅も多いですが、雨水が住宅内に浸入することでシミが発生します。雨水がクロス張りの接着剤成分を弱めるので、浮いてしまったり剥がれてしまったりするでしょう。シミが発生することで、カビが発生しやすい環境を作ってしまいます。カビは高温多湿の環境で発生して、住んでいる人の健康状態を悪化させる原因にもなります。建築塗料や汚れを餌にして増加してしまうでしょう。カビが発生することで、さらにダニまでも発生しやすい環境になります。
住宅基礎の腐食
カビと一緒に発生するのが、木材腐朽菌です。木材を腐らせてしまうので、発生すると木造住宅は壊滅的なダメージを受けます。住宅に害のある木材腐朽菌は2種類で、「褐色腐朽菌」と「白色腐朽菌」です。どちらも雨漏りによって雨水が通った木材周辺に発生します。雨漏りによって、柱や梁など躯体部分に木材腐朽菌が発生すると、木造住宅が倒壊する可能性もあります。
漏電による被害
雨漏りがすると、ブレーカーや家電製品も雨水で濡れてしまうかもしれません。そうなると漏電して、火災を引き起こす可能性があるでしょう。また、漏電していることを知らずに感電する危険性もあります。漏電を防ぐためにも、早めに雨漏り修理をしてください。修理をすることで大事な家族や財産、そして木造住宅を守ることになるでしょう。

最も恐ろしいのはシロアリによる被害

住宅

シロアリは木造住宅の天敵ですが、雨漏りが発生することで、シロアリが侵入して繁殖しやすい環境になるでしょう。雨水が住宅内に浸入しているため、高温多湿の環境になります。高温多湿の環境は、シロアリが最も好む環境ですので、巣を作り木造住宅に被害を及ぼします。

木造住宅は雨漏り対策が必須

雨水によって湿っている木材は、シロアリの大好物ですので、住宅の構造上重要な木材も耐久性を失います。また、断熱材、配線にも被害が出るでしょう。木造住宅に雨漏りが発生してしまうと、室内が雨水で濡れるだけでなく、シロアリ被害が発生します。

雨漏り修理は防水工事も含めて検討する

高齢になってから引っ越しをするのは大変ですので、今の木造住宅に住み続けるはずです。そのために必要なことは、防水工事です。住宅に防水処理をすることで、雨水が浸入しにくい住宅にすることが可能です。雨水によって住宅が劣化することを防ぎ、耐久性を保つことができるでしょう。したがって、防水工事をすることで、住宅の寿命を延ばすことができます。雨漏り修理を検討している方は、防水工事も一緒に行ないましょう。

TOPボタン