雨漏り修理業者に依頼するメリット~利用者に聞いてみよう~

プロに依頼するメリット~利用者の声~

ヘルメットを持つ人

雨漏りを発見したら、防水テープを使用して自分で応急処置をする方もいます。しかし、素人では完全に修復することが難しいため、プロに依頼することが大事になってきます。適切な処置をして、雨漏りをしない住宅にしてくれます。まずは、プロの雨漏り修理業者を利用した方の話を聞いてみましょう。

築年数が経過しているため雨漏りがひどかった(50代/男性)

築年数が経過している住宅でメンテナンスもしてなかったので、雨漏りがひどい状態でした。最初は自分で修理をしていましたが、破損個所が多くて対応できないために、プロに依頼することに決めました。屋根や外壁を徹底的に点検してもらい、破損個所を全て修復してもらいました。丁寧な作業で、アフターサービスも充実しているので満足しています。

早急に修理しておいてよかった(60代/男性)

築30年の木造住宅に住んでいるのですが、天井にシミを発見しました。屋根を調べてみると、小さな亀裂を発見して、すぐに雨漏り修理業者に連絡しました。業者の話では、木造住宅の場合は雨漏りが発生すると、シロアリの被害に遭う可能性があるそうです。雨漏りを発見したその日に業者に連絡したので、シロアリ被害に遭わずに済みました。

木造住宅の寿命を知る

木造住宅は築30年を過ぎると、取り壊されることが多くなります。老朽化や耐久性の低下など、いろんな問題が発生して取り壊されるので、木造住宅の寿命は30年と考えてもいいでしょう。しかし、30年以上住むことも可能です。経年劣化した個所を補修することにより、築100年以上の木造住宅で生活している人もいます。木造住宅の寿命を延ばすためには、定期的にメンテナンスを行ない、劣化や破損を早期に発見し、補修することが大事です。

TOPボタン